びあけんNews

Beerken News

2022年秋開催「第12回日本ビール検定(びあけん)」結果報告 〜20代を中心に高まる「ビール学習熱」〜

2022年秋開催「第12回日本ビール検定(びあけん)」結果報告 〜20代を中心に高まる「ビール学習熱」〜

 一般社団法人 日本ビール文化研究会(所在地:東京都渋谷区、代表理事:菅 敏浩)は、2022年秋に開催した第「12回 日本ビール検定(通称:びあけん)」の結果を報告します。

 試験方式をCBT方式(※)に変更してから3回目となる第12回は、受検申込者数は2,630人と、昨年秋開催の第11回より453人増加(約1.2倍増)となりました。【図❶】

 前回に続き、受検者の年代別構成比で最も高い割合を占めたのが20代であることは、注目すべきポイントです。【図❷】昨今、クラフトビール人気の高まりや全国各地で開催される様々なビールイベント等を通じて、多様なビールに触れる機会が増えていることが要因と考えます。受検者のデータからも、2030代の若い世代において「ビールの知識を身に付けたい」というニーズが高いことがわかっています。。

 当会では、今後も日本ビール検定(びあけん)を通してビールの多様性や楽しさを伝え、ビール文化の発展に貢献していきます。今後の活動についても、ぜひご期待ください。

(※)CBTとはComputer Based Testingの略で、47都道府県に300ヶ所以上あるテストセンターに設置されているコンピュータで受検する方式です。受検する会場・日時はご自身で選択いただけます。日本ビール検定は、新型コロナ感染症対策や受検者の利便性等の面から、2021年からこの方式を採用し開催しています。

【図❶】受検者数推移(2021年CBT方式移行後)

【図❷】受検者年代別構成比

【図❸】「第12回日本ビール検定」結果


 【関連記事】
➀超難関の1級合格者のお名前・コメントを発表(2023/1/18)
2022年度1級合格者発表!🎉
➁満点賞を達成された方のお名前・コメントを発表(2022/11/18)
満点賞発表!第12回の“びあけん”で12名が100点満点!
満点賞:級に関わらず「100点満点」達成者にはビール1年分を進呈。対象者が複数の場合は、山分けとなります。

第12回 「日本ビール検定」 において、最も正答率の高かった問題

3級

【問題】
トマトジュースとビールを混ぜ合わせてつくるカクテルの名称を、次の選択肢より選べ。

A:ブラディ・メアリー
B:レッドアイ
C:ビアバスター
D:パナシェ

【解答】
B:レッドアイ

【正答率】
99

3級、2級は受検者毎に問題が異なるため、全員に出題された問題ではありません。
2級

【問題】
日本の機能系ビールのコンセプトで、現在発売されているものを、次の選択肢より選べ。

A:糖質0
B:苦味0
C:炭酸0
D:泡立ち0

【解答】
A:糖質0

【正答率】
100

※3級、2級は受検者毎に問題が異なるため、全員に出題された問題ではありません。

1級

【問題】
「酒場詩人」の肩書で知られるライターの吉田類が、全国の飲食店などを訪問し、ビールや日本酒を飲みながら語り合うBS-TBSの番組のタイトルを、次の選択肢より選べ。

A:酒場放浪記
B:ぶらり途中下車の旅
C:ふらり旅 新・居酒屋百選
D:にっぽん縦断 こころ旅

【解答】
A:酒場放浪記

【正答率】
92

解説
 3級、2級は『日本ビール検定 公式テキスト2022年改訂版』を学習していれば確実に点数が取れる基本的な問題です。その中でも、2級の「糖質0ビール」に関する問題は正答率が100.0%、つまり一人も間違えなかった、という珍しい結果になりました。正答率100.0%が出たのは、CBT方式になってから初めてとなります。2021年に登場した「糖質0ビール」ですが、既に高い認知度を獲得しているカテゴリーであることが窺えます。1級の問題については、酒場ライター、吉田類さんに関する問題です。これに関しては、公式テキストには何も記載されていませんが、正答率は92%と1級選択式問題の中では唯一9割を超えた問題となりました。筋金入りのビール好きが多い1級受検者には、簡単過ぎましたね。


<この件に関するお問合せ> 日本ビール検定運営事務局
https://beerken.jp/contact/form

Page Top